PHOTO
10月 20日
2:40 pm
1,519 リアクション

(元記事: style.com (eameshomeから))

TAGS:


PHOTO
10月 20日
12:20 pm
6 リアクション

ancientart:

The petroglyphs in the landscape of Tamgaly, Kazakhstan, dating from approximately 1400 BCE to the 20th century.

Offering us unique insight into the rituals and social organization of the pastoral peoples who inhabited this site through time, the archaeological landscape of Tamgaly contains about 5,000 petroglyphs (rock carvings), which are distributed throughout 48 complexes largely associated with burial grounds and settlements.

The central canyon has the densest concentration of petroglyphs, contains ‘alters,’ and has been interpreted to have had ritual significance. The central canyon is devoid of dwellings, and is thought to have been a place for sacrificial offerings.

During the Middle Bronze Age we see Tamgaly-type petroglyphs, which include zoomorphic beings, people, a huge variety of animals, and ‘solar deities (sun-heads).’ During the Late Bronze Age the petroglyphs become smaller in size, and display less variety in what is depicted. Here scenes of pastoral life are popular, reflecting the prominence of nomadic cattle breeding activities during the time. During the Early Iron Age, scenes showing the hunting of wild animals remain present, but we also see camels starting to appear in the art.

If you are interested in reading more about the ‘solar-headed’ petroglyphs I would recommend The Archaeology of Shamanism (2001, Routledge), specifically chapter 5. This publication is edited by Neil Price, professor of archaeology at the University of Aberdeen, who is a specialist on shamanism in archaeology.

The petroglyphs within the archaeological landscape of Tamgaly are listed as an UNESCO World Heritage Site -their article on the landscape was of great use to me while writing up this post. Photos courtesy of & taken by Ken and Nyetta.

(subdubから)


PHOTOSET
10月 19日
2:40 pm
1,232 リアクション
destroyed-and-abandoned:

Abandoned house in West Cork, Ireland
Source: pdxorgy (reddit)
Read More

destroyed-and-abandoned:

Abandoned house in West Cork, Ireland

Source: pdxorgy (reddit)

Read More

(出典: destroyed-and-abandoned)

TAGS:


PHOTO
10月 19日
12:20 pm
395 リアクション
destroyed-and-abandoned:

Wheelchair. Former TB hospital. US
Source: moniquewahgorilla (reddit)

destroyed-and-abandoned:

Wheelchair. Former TB hospital. US

Source: moniquewahgorilla (reddit)

(出典: destroyed-and-abandoned)

TAGS:


PHOTO
10月 18日
2:40 pm
194 リアクション
libutron:

Lined Supple Skink  (Lined Writhing Skink)
The Lined Supple Skink, Lygosoma lineata (Scincidae) is a species endemic to India, widespread in the Western Ghats, but is not common anywhere within its range.
This skink has an elongate and slender body (up to 6cm long), short and weak limbs, each one with four digits only; and five or six distinctive brownish-golden lines on its body.
Lygosoma lineata is a diurnal skink, mostly seen under large boulders, loose soil associated with termite mounds and ant hills in open scrublands.
References: [1] - [2]
Photo credit: ©Vishal Prasad
Locality: unknown

libutron:

Lined Supple Skink  (Lined Writhing Skink)

The Lined Supple Skink, Lygosoma lineata (Scincidae) is a species endemic to India, widespread in the Western Ghats, but is not common anywhere within its range.

This skink has an elongate and slender body (up to 6cm long), short and weak limbs, each one with four digits only; and five or six distinctive brownish-golden lines on its body.

Lygosoma lineata is a diurnal skink, mostly seen under large boulders, loose soil associated with termite mounds and ant hills in open scrublands.

References: [1] - [2]

Photo credit: ©Vishal Prasad

Locality: unknown

(shinodddddから)

TAGS:


PHOTO
10月 18日
12:20 pm
478 リアクション

"ボトルネックの一時間当たりの生産能力イコール工場の一時間当たりの生産能力"

TAGS:


QUOTE
10月 17日
2:40 pm
30 リアクション

POST
10月 17日
12:20 pm
972 リアクション

PHOTOSET
10月 16日
2:40 pm
70,385 リアクション

ex-qui-sitae:

700 Palms Residence, LA, USA, by Ehrlich Architects

(元記事: aadnesen (eameshomeから))


PHOTOSET
10月 16日
12:20 pm
209 リアクション

ワイヤレス給電技術

ICカード乗車券、Suicaなどで利用される「ワイヤレス給電」という技術。
コードをつながなくても電気を送れることから、さまざまな分野で利用されてきましたが、距離があっても電気を送れる革新的な技術が開発されて、去年にはその国際的な規格も決まり、新たな用途での製品開発が急速に進められています。

 「ワイヤレス給電」は、コイル状にした導線に磁力をかけると電気が流れる「電磁誘導」と呼ばれる現象を利用し、コードでつながないで家電製品などに電気を送る技術です。

これまでに、ICカード乗車券のほか、電動歯ブラシやスマートフォンの充電器といった、身近な製品では実用化されていましたが、電気を送る装置と受け取る側が離れてしまうと機能しませんでした。
しかし、7年前、アメリカのマサチューセッツ工科大学のグループが、離れた場所にも電気を送ることができる革新的な技術を開発して、去年にはその国際的な規格も決まり、新たな用途での製品開発が急速に進められています。
大手機械メーカーのIHIは、この技術を用いた電気自動車用のワイヤレス充電器を開発しています。
電気自動車を定められた場所に駐車すれば、地面に埋め込まれた充電器から電気を得られる仕組みで、車を止める場所が多少ずれても充電することが可能です。
開発に当たった中島正史郎主任研究員は「車を止めれば何もしないでも充電されるので非常に便利で、実用化されれば電気自動車の普及に弾みがつくと考えています。早ければ2017年には実用化できると思います」と話していました。
また、東京大学大学院の川原圭博准教授の研究チームは、ワイヤレス給電できるタイルを開発しています。
部屋に敷き詰めることでどこにでも電気を送れ、壁に取り付けて時計に電気を送ることも可能です。
一方、アメリカの半導体メーカー「クアルコム」が開発した技術により、置くだけでスマートフォンを充電できる机が作られるなど、世界の各国で身近な暮らしを変えるさまざまな製品の開発が進められています。
クアルコムの前田修作事業戦略部長は「私たちは部屋からケーブルをなくしてしまうことを目指しています」と話していました。
「ワイヤレス給電」の技術は、ロボットの開発にも取り入れられています。
早稲田大学のグループは、人が立ち入れない森林などで、放射線を測定するロボットの開発を進めています。
このロボットは、測定が終わると自動的に元の場所に戻り、ワイヤレスで充電する仕組みです。
研究チームは、こうした技術は人がロボットの世話をする手間が省け、ロボットの普及を後押しするのではないかと期待を寄せています。
開発に当たった早稲田大学の高西淳夫教授は「将来ロボットが家庭に普及したとき、決まった位置まで行けばワイヤレスで電気を受け取ることができるようになり、私たちの生活に大きな変化をもたらすと感じています」と話していました。

ワイヤレス給電 技術革新で拡大 NHKニュース

(subdubから)

TAGS:


POST
10月 15日
2:40 pm
7 リアクション

huffingtonpost:

This ‘Dumbo’ octopus proves deep sea creatures aren’t always creepy.

See the adorable create elegantly swim through the ocean here. 

(shinodddddから)

TAGS:


PHOTOSET
10月 15日
12:20 pm
30,626 リアクション

PHOTO
10月 14日
2:40 pm
257 リアクション

"怒りっぽい人は、気が短いのではなく、怒り以外の有用なコミュニケーションツールがあることを知らないのです。"

TAGS:


QUOTE
10月 14日
12:20 pm
200 リアクション

「何かおかしい」は英知の囁き

我々は、「何かおかしい」と思うことはあっても、「何か正しい」と思ったりはしない。

4 + 3 = 7

という数式を見て、これが正しいと思うのではなく、「間違いじゃない」と思ってるだけなのだ。

つまり、人間は、真理なんてのは分からないけど、虚偽ってのは分かるんだ。
ただ、熱心に考えないと、間違いが分からず、そのまま放置すると、間違ったことにも、「おかしい」と思わなくなってしまう。

「何かおかしい」は英知の囁き : ITスペシャリストが語る芸術

(shinodddddから)

TAGS:


POST
10月 13日
2:40 pm
600 リアクション